モデムとルーターの違いってなに?ルーター選びに自信がない場合は?

Pocket

こんにちわ!

WiFiマニアのMIKIです^^

 

 

自宅にインターネットを引く際に、たまに耳にする”モデム”とか”ルーター”って言葉がありますよね。

 

 

このモデムとかルーターって言葉に馴染みがないと、何をしてる機器なのかイマイチ分からなくないですか?

 

 

そこで今回は、モデムとルーターの役割や違いを説明していきます^^

 

 

目次

 

 

1.モデムとルーターは根本的に違う

annca / Pixabay

 

 

まず、当たり前ではありますが、モデムとルーターは根本的に役割が違います。

 

 

モデムは従来のインターネットの接続方式である、電話線を使ったインターネットを構築しているものに使用されます。

 

 

電話線を使った接続方式はADSLとも呼ばれ、これは音声を伝送する為の電話線を利用してインターネットに繋いでいます。

 

 

このADSLという方式は、通常アナログ信号でやり取りしています。

 

 

一方、私たちが自宅で使うパソコンはデジタル信号で処理している為、アナログ信号しか伝送できない電話線では、正常にデータの送受信ができません。

 

 

それを解消するのが、モデムという機器です^^

 

 

モデムは、電話線から来たアナログ信号をデジタル信号に変換して、パソコンへ伝送する役割を担っています。

 

 

逆に、パソコンで入力したデータをインターネットに送る為に、デジタル信号をアナログ信号に変換してから、電話線を介してインターネット上へデータを送信しているのです。

 

 

一方、ルーターとは自宅にインターネットを分配するようなものだと思ってください^^

 

 

ルーターの裏にはLANポートがあり、これでLANケーブルをテレビと繋いで有線接続して、YouTubeを安定した速度で見る事ができたり、無線LANでスマホと繋げてWiFiを楽しむ事ができるのが、ルーターという機器です。

 

 

アナログ信号をデジタル信号に変えるモデムと、自宅にインターネットを飛ばすルーターとでは、役割が全く違うようになっています。

 

 

ちなみに、光回線ではモデムは存在せず、光回線終端装置というものがモデムのような役割を果たします。

 

 

光回線終端装置が行う役割としては、光信号と電気信号の変換ですので、モデムとは処理方法が異なります。

 

 

2.モデムに選び方はある?

ijmaki / Pixabay

 

 

アナログ信号をデジタル信号にするモデムですが、これに選び方は特にないです。

 

 

というのも、大体インターネット会社から貸し出される事が多いので、自分で選ぶ必要がありません。

 

 

光回線の光回線終端装置も、回線会社から持ち込まれるので、特に選ぶことはありません。

 

 

3.ルーター選びで通信速度が変わる!?

 

 

モデムは特に選ぶ必要はありませんが、ルーターは選ばないといけない場合があります。

 

 

というのも、ルーターはレンタルしかやっていない会社もあるため、月に数百円のレンタル料が発生します。

 

 

これが月に500円でも、1年経てば6,000円です。

 

 

6,000円もあれば家電量販店でルーターが買えちゃいますので、1年以上レンタルしてると損してしまいます。

 

 

しかし、ルーターを買い間違えてしまうと、通信速度に影響する場合があります。

 

 

ルーターにはそれぞれ規格があり、規格によって性能や通信速度が変化します。

 

 

ルーターには”周波数帯域”というものがあり、⒉4GHzと5.2GHzの2種類があります。

 

 

私たちが使っている電化製品は2.4GHzという周波数帯域であり、これは壁を隔てても電波が届くような周波数帯域ですが、ノイズに弱いという欠点があります。

 

 

一方5.2GHzの周波数帯域では、他の電化製品に使われていない周波数帯域なので、ノイズを受けにくくなりますが、壁などの遮蔽物に弱いという欠点があります。

 

全く繋がらないわけではありませんが、⒉4GHzよりは弱いという点があります。

 

 

しかし、2.4GHzモードでWiFiを使っていると、電子レンジを使ったら通信が悪くなった、など影響が出る場合があります。

 

 

電子レンジが出す周波数2.4GHzが、WiFi電波の2.4GHzと干渉するため、このような通信不良が発生する可能性があります。

 

 

この周波数帯域はルーターによっては選択可能なので、周波数帯域を選べる機種を選ばなくてはなりません。

 

 

そしてもう一点、ルーター中でも転送速度の早い遅いがあります。

 

 

転送速度が100Mbpsまでの機種から、1000Mbpsを接続できる機種もあります。

 

 

この速度は、どれだけの速さで機器に情報と転送するかの速度となります。

 

 

ですのでこの数字が高ければ高いほど転送速度が早くなります。

 

 

しかし、なら一番早いやつを選んだらいいんでしょ?というわけでもありません。

 

 

もちろん早くても使えないことはないんですが、1000Mbps以上の転送速度のものは、逆に機器が対応していない場合が多いです。

 

 

いくらルーターが10000Mbpsで転送しても、パソコンなど処理する側が1000Mbpsまでしか処理できなければ、1000Mbpsでの転送となります。

 

 

転送速度が1000Mbps以上出る機器はほとんどないので、ルーターは1000Mbps対応のものにしましょう^^

 

 

 

4.auひかりなら加入時に高速無線ルーターが貰えることも?

RobinHiggins / Pixabay

 

 

 

しかし、ルーターにはいろんなメーカーがいろんな言葉で打ち出していて、正直どれがいいか分からなくて悩みませんか?

 

 

もしルーターを買い間違えれば、せっかくレンタル料を浮かせて買おうと思ってたのに、買い直すハメになって結局高くなってしまう場合があります。

 

 

そんな自体を防ぐのであれば、キャッシュバックでルーターを貰ってしまうのが確実です。

 

 

auひかりであれば、開通時のキャッシュバックに、現金とルーターをプレゼントしてくれる代理店・株式会社NEXTのキャッシュバックキャンペーンがお得です^^

 

 

高速ルーター付きキャッシュバック内容

 

auひかりホーム ネットのみ…40,000円+高速無線ルーター

auひかりホーム ネット+電話…47,000円+高速無線ルーター

※マンションタイプの場合は上記金額から−5,000円されます。

 

 

現金がこれだけもらえて、さらにルーターまでついてくるのであれば、買い間違える心配なくお得に乗り換えられますよね^^

 

 

もし、今あるルーターを使いたい場合には、このルーターは無駄になってしまいますが、その場合は現金のみのキャッシュバックを受ける事が可能です^^

 

 

キャッシュバック額

 

auひかりホーム ネットのみ…45,000円

auひかりホーム ネット+電話…52,000円

※マンションタイプの場合は上記金額から−5,000円されます。

 

 

 

この2つのキャッシュバックは自由に選べるので、自分でルーターを選ぶのに自信がなければ1つ目を、すでにルーターを持っていたり、自分で購入する場合は2つ目を選んでください^^

 

 

ちなみに、このauひかり代理店のNEXTでは、WEBフォームから気軽に質問もできますし、加入することもできますので、ぜひ利用してみてください^^

 

 

auショップで契約しに行っても、おそらく窓口ではなくショップが提携しているauひかりの代理店に電話をつながれると思います。

 

 

実際私がショップに行った時はそうでした。

 

 

しかもキャッシュバックが現金12,000円とauウォレット12,000円だったので、NEXTよりもキャッシュバックが低くてやめた経緯があります。

 

 

auショップで契約しに行っても、自宅でネットで契約しても、どっちみち対面で契約するわけではないので、それならキャッシュバックが高い方で契約した方がお得です^^

 

 

ぜひお得なキャッシュバックを受けて、お得にauひかりを初めてくださいね^^

 


 

関連記事

NO IMAGE

auひかりの通信障害の原因を調べる方法とは?障害から復帰する方法も解説!

NO IMAGE

auひかりマンションのプランと内容とは?長期利用でお得なサービス特典も!

NO IMAGE

auの光回線終端装置を再起動する方法とは?調子が悪い時にはどうする?

NO IMAGE

IPoE接続対応の光回線が早い!今までのネットと何が違う?

NO IMAGE

auひかりが繋がらない?そんな時に試してほしい4つの方法

NO IMAGE

ONUとルーターが一体型に!ただし一部レンタル料が発生することも?