ルーターとハブの違いって何?それぞれの役割とオススメの機種とは

Pocket

こんにちわ!

WiFiマニアのMIKIです^^

 

 

インターネットに接続するとき、ハブやらルーターやら、よく耳にするけど分からない事ってありませんか?

 

 

私もインターネットに疎かった時、ルーターがどうのこうの言ってるのを聞くと、何言ってるんだ…?と理解できないでいました^^;

 

 

そこで今回は、ルーターとハブの違いを分かりやすくお伝えしたいと思います^^

 

 

目次

 

 

1.ルーターとハブの違いとは

 

 

まずはじめに、ルーターとハブの違いについて説明します^^

 

 

ルーターとは、自宅に引いたインターネットを各機器に送る機器です。

 

 

ルーターから無線のインターネットの電波を放ち、スマホやパソコンがそれを受け取って、初めてインターネットに繋がります。

 

 

自宅にインターネットを引く場合、

 

外部から回線を自宅に引き込む

モデムと回線を接続する

モデムからルーターに接続する

無線/有線でインターネットが使える

 

という仕組みです。

 

 

一方ハブとは、ルーターからLANケーブルでつなぎ、LANポートの差し込み口を増やすものです。

 

 

通常、モデムからインターネットを受け取っているルーターに、4つ前後LANポートがすでにあるかと思います。

 

 

ただ、ルーターについたLANポートをつなぎきった場合、他の機器には有線で接続ができなくなります。

 

 

テレビ、パソコン、PS4、任天堂スイッチを繋いだらおしまいです。

 

 

家族のテレビに繋ごうとする場合、LANポートを増やさなければなりません。

 

 

そんな時に必要なのが、ハブと呼ばれるものです。

 

 

スイッチングハブとも、スイッチとも呼ばれますが、ここではハブと統一して説明します^^

 

 

ルーターのLANポートのうち1つをハブと接続する事で、LANポートを増やす役割があります。

 

 

ハブとパソコンを繋いだだけでは何も起きません。

 

ハブをルーターをつなげる事で、初めてインターネットに接続できると思ってください^^

 

 

2.ハブの規格と選び方とは

 

では、実際LANポートを増やすためには、どの規格のものを買えばいいのでしょうか?

 

 

家電量販店に行ってみても、ごちゃごちゃ色々書いてあってよく分かりませんよね。

 

 

ですので、ハブを選ぶ際に重要なポイントだけを上げていきます。

 

 

・必要なLANポート数をまかなえるもの

・静音性を求めるならファンレスハブを選ぶ

・放熱性を求めるならボディは金属製

・転送速度は1000Mbpsのものを選ぶ

 

 

ザクっというならこの4点です。

 

 

まず、必要なLANポート数ですが、どれだけの機器を有線で繋ぐかによって、必要ポート数が変わってきます。

 

 

みんなで見るテレビ、1人ずつ持ってるパソコン、ゲーム機など、家族や利用状況によって、幾つLANポートが足りないかを数えます。

 

また、今後LANが増える可能性も考えて、必要数+αのポート数で考えておきましょう。

 

 

家庭用は大体5〜8ポートのものを選べば無難でしょう。

 

 

 

次に静音性についてですが、ファンがついているとどうしても音がします。

 

ヴゥーーーン

 

という若干耳障りな音が気にならなければ、ファンレスにこだわる必要もないですが、静音性を求めるのであればファンレスがオススメです。

 

 

そして次に放熱性です。

 

スマホやタブレットを使いすぎると熱を持つように、ハブも熱を持ちます。

 

その熱を放出してあげないと、動きが悪くなって通信速度が下がってしまいます。

 

ハブにはボディがプラスチック製のものと、金属製のものがあります。

 

 

プラスチック製のハブは値段は安めですが、どうしても熱がこもりがちになります。

 

一方金属製のハブは値段は高めですが、熱を逃がしやすいという特徴があります。

 

 

ファンレスを選ぶのであれば、なおさら熱が逃げにくいので、放熱性のある金属製のボディを選びましょう。

 

 

最後に転送速度についてです。

 

 

転送速度とは、機器に転送する速度のことです。

 

いわゆる通信速度と思ってください^^

 

 

よくあるハブの規格として、100Mbpsと1000Mbpsの2種類があります。

 

 

数字が大きい方が、よりたくさんのデータを転送できるので、通信速度が速くなるという訳なんです。

 

 

テレビ等は100Mbps対応の物が多いですが、パソコンなどは1000Mbpsが多いので、1000Mbpsの転送速度のハブを選びましょう。

 

 

規格としては、「1000BASE-T」が1000Mbpsの転送ができる規格となります。

 

 

つらつらと書き連ねましたが、要点をまとめると以下の通りです。

 

 

ハブ選びのポイント

 

・必要LANポート数は、今必要な数+α(5〜8ポートの物がオススメ)

・静音性を求めるならファンレスを選ぶ

・ボディは放熱性がある金属製を選ぶ

・転送速度は1000Mbpsを選ぶ(規格:1000BASE-T)

 

3.ルーターの規格と選びかたとは

ijmaki / Pixabay

 

 

ルーターにも色々と規格があって、規格によって通信速度が変わるようになっています。

 

ルーターが発する無線LANは、周波数帯域というものがあり、これが通信速度に影響する場合があります。

 

 

周波数帯域には大きく分けて2つあり、⒉4GHzと5.2GHzがあります。

 

 

私たちが使っている電化製品は2.4GHzという周波数帯域であり、これは壁を隔てても電波が届くような周波数帯域ですが、ノイズに弱いという欠点があります。

 

 

一方5.2GHzの周波数帯域では、他の電化製品に使われていない周波数帯域なので、ノイズを受けにくくなりますが、壁などの遮蔽物に弱いという欠点があります。

 

 

全く繋がらないわけではありませんが、⒉4GHzよりは弱いという点があります。

 

 

しかしこの周波数帯域はルーターによっては選択可能なので、周波数帯域を選べる機種を選びましょう^^

 

 

そして、ルーター中でも転送速度の早い遅いがあります。

 

100Mbpsまでの機種から、1000Mbpsを接続できる機種もあります。

 

 

こちらもハブと同じで、1000Mbps対応のものにしましょう^^

 

 

4.auひかりなら加入時に高品質ルーターが貰える!

RobinHiggins / Pixabay

 

 

 

ルーターの規格やら通信速度やら見てると、

 

ルーター選びめんどくさい……

選ぶの失敗したらどうしよう……

 

と感じませんでしたか?

 

 

ズボラでビビりな私はすぐその考えに行き着きます^^;

 

家電量販店で探してみても、数多すぎて分かんないし…と思うことがしばしば^^;

 

 

そんな不安を持ってる方も安心してください^^

 

auひかりの代理店によっては、ルーターを無料でプレゼントしてくれるところがあります!^^

 

 

auひかりに新規加入する方に向けて、auひかりの代理店ではキャッシュバックを行なっています。

 

 

そのキャッシュバックの中に、キャッシュバック+高速無線ルーターをプレゼントしてくれる代理店があるんです^^

 

株式会社NEXTという代理店で、以下のキャッシュバックが受け取れます!

 

高速ルーター付きキャッシュバック内容

 

auひかりホーム ネットのみ…40,000円+高速無線ルーター

auひかりホーム ネット+電話…47,000円+高速無線ルーター

※マンションタイプの場合は上記金額から−5,000円されます。

 

 

このような高額キャッシュバックもありますし、ルーター無しでも以下のキャッシュがもらえます!^^

 

キャッシュバック額

 

auひかりホーム ネットのみ…45,000円

auひかりホーム ネット+電話…52,000円

※マンションタイプの場合は上記金額から−5,000円されます。

 

 

auひかりに加入するだけでこのキャッシュバックが貰えるのであれば、かなりお得に光回線に乗り換えられそうですよね^^

 

違約金のカバーもできますし、auユーザーならauスマートバリューで毎月スマホ台が1,000円安くなるので、月々の負担が軽くなります^^

 

 

ぜひこの機会に、auひかりを検討してくださいね^^

 

 

関連記事

NO IMAGE

auひかりでルーターを無料で利用する方法とは?

NO IMAGE

ソフトバンク光ルーターが遅い!通信速度を上げる対処方法とそれでもダメな時は?

NO IMAGE

BIGLOBE光とauひかりの評判は?オススメの光回線はこっち!

NO IMAGE

auひかりのキャッシュバックが凄い!お得にauひかりを始める方法とは?

NO IMAGE

auひかり電話は必要?光電話加入のメリット・デメリットとは?

NO IMAGE

auひかりマンションのプランと内容とは?長期利用でお得なサービス特典も!