ワイマックスには制限がある?データ量無制限のはずなのに通信制限になる理由とは

Pocket

こんにちわ!

WiFiマニアのMIKIです^^

 

 

データ使い放題でお馴染みのワイマックスのポケットWi-Fi、使い心地はいかがでしょうか^^

 

 

いつでもどこでも、充電さえあればWi-Fiが使えるので、出先で動画を見るのにぴったり!

 

 

そんな便利なワイマックスのポケットWi-Fiですが、”なんか急にネットが遅くなった”と感じたことってありませんか?

 

 

Wi-Fiのデータ容量は無制限で使えるのがワイマックスですが、例外が無いわけではありません。

 

 

ワイマックスでなぜ通信制限がかけられるのか、通信制限以外にも原因があるのかなど、ワイマックスルーターについてお伝えしたいと思います!

 

 

目次

 

 

1.ワイマックスで通信制限が発生する?

ijmaki / Pixabay

 

 

 

WiMAXでは、データ容量無制限でWi-Fiが使えることで有名ですが、その場合でも通信制限がかけられる場合があります。

 

 

考えられる要因は、大きく分けて2つあります。

 

 

ワイマックスの使い方の問題と、使用環境の違いです。

 

早速解説していきます。

 

 

ワイマックスで通信制限がかけられる事例:直近3日間で10GBを超えた

 

 

ワイマックスはデータ容量無制限が売りですが、いくらデータ容量無制限とはいえ、全く制限されないわけではありません。

 

 

公式サイトの中に、直近の3日間で10GB以上使用した場合、翌日の混雑時間帯(18時〜)通信制限される、といった記述があります。

 

 

使いすぎた時のペナルティ、というような感じで考えてください。

 

なお、この通信制限は直近3日間で10GBを使った日の翌日18時〜のみが、通信制限の対象となります。

 

 

18時までは通常通り使えますし、速度制限以降は通信制限は解除されますので、安心して頂いて大丈夫です^^

 

 

ちなみに、10GBの通信量の目安は以下の通りですので、参考にしてください。

 

 

 

ワイマックスで通信制限がかけられる事例:LTEモードで7GBを超えた

 

ワイマックスで使うWi-Fiには、2通りのモードがあります。

 

 

1つ目は、WiMAX2+モードで使用した場合です。

 

 

WiMAX2+を使用していれば、月間のデータ容量は無制限となりますので、3日間で10GB以上使わなければ、通信制限にはかかりません。

 

 

しかし、LTEオプションを使用した場合には、月間データ容量が7GBまで制限されます。

 

 

その為、LTEオプションで7GBを超えて通信した場合、通信制限がかけられてしまい、翌月まで解除されなくなるのです。

 

 

一度通信制限をかけられれば、WiMAX2+に戻しても通信制限が適用されたままとなります。

 

 

LTEで通信制限が発生した場合の関係図

 

ワイマックスで通信制限以外に遅くなる原因

 

 

ワイマックスで通信量を超えてないのに、なぜか通信制限にかかった場合には、他の原因が考えられます。

 

 

混雑時間帯に使用している

 

 

混雑している時間帯は、どうしても使っているユーザーが多いので、その分回線を利用するユーザーが多くなります。

 

 

利用する人が多くなるほど、回線が混線しますので、どうしても通信が遅くなります。

 

 

接続台数が多い

 

 

ワイマックスのポケットWi-Fiに接続している台数が多いと、WiFiに対する電波が足りずに遅くなってしまいます。

 

 

使っていない端末でもWi-Fiを繋いでいるのであれば、その端末はWiFiの接続を解除してください。

 

 

ポケットWi-Fiの場合、2台程度がWi-Fiが使える台数です。

 

 

それ以上繋いでしまうと、速度制限状態と同じ状態になりますので、思い当たる端末があれば解除しましょう。

 

 

Wi-Fiルーターを置いている場所が悪い

 

 

Wi-Fiルーターを置いている場所が悪いと、電波の入りが悪くて繋がりにくくなることがあります。

 

 

Wi-Fiルーターを置く場所は、なるべく窓際で一番高い場所に置いてみると、通信状態がよくなる事があります^^

 

 

機器の劣化

 

 

もしもワイマックスのルーターが古い場合、劣化によって通信速度が遅くなる場合があります。

 

 

型落ちしすぎたルーターは、今のワイマックスの回線に合っていない場合がありますので、長い間使っているルーターであれば、交換してもらえないか問い合わせしてみましょう^^

 

 

2.ワイマックスの基本プラン

rawpixel / Pixabay

 

 

通信制限がかけられる場合もありますが、そもそもワイマックスのプランはどの程度の通信速度なのか、調べてみました!

 

 

ワイマックスで提供しているWi-Fiは、最大ダウンロードが440Mbpsとなっています^^

 

 

常時440Mbps出ているわけではありませんが、30Mbpsも出ていれば十分快適に使えますので、ワイマックスは安心して使えるかと思います^^

 

 

しかし、混雑する時間帯に使用している場合は、どちらにせよWi-Fiが遅くなりますので、その点は理解しておきましょう。

 

 

その他、料金等の基本情報は以下の通りです。

 

 

WiMAX2+利用料金 3,880円

月間データ容量  WiMAX2+使用で無制限

※LTEを使用した場合には、月間7GBの通信制限あり

※契約年数は2年ごと

 

3.ワイマックスユーザーの声とは

stux / Pixabay

 

 

 

では、ワイマックスを使っている他のユーザーは、通信速度に満足しているのでしょうか?

 

 

Twitterで口コミを探してみました!

 

ワイマックスを利用していて、今後続けるかどうか悩んでいるのであれば、他の人の意見も参考にして、乗り換え等を検討してみましょう!

 

 


様々な声がありましたが、やはり使う環境によって左右されていますね。

 

 

しかし、ワイマックスで通信制限された方がいるのも事実。

 

 

ワイマックスに疑問を持っている場合、自宅に光回線を引いた方がオススメです。

 

 

通信制限がないのはもちろん、パワーがあるので接続台数が増えても問題ありません^^

 

 

4.通信制限無しで安定したWi-Fiを使うなら

 

 

通信制限が気になってヒヤヒヤするあなたに、光回線の開通をオススメします^^

 

 

光回線を始めるとなると、工事も必要になりますので、簡単には開通できないのも事実。

 

 

しかし、賃貸物件の場合には、すでに工事が完了している場合もあります。

 

 

基本的に家でくつろぐ時にWi-Fiを使いますので、自宅以外ではあまりモバイルデータは使わないので、ポケットWi-Fiがなくても意外に大丈夫です。

 

 

ちなみにこれは私の実体験です^^

 

 

YouTubeにハマって動画を見まくった結果、モバイルデータの制限がかけられたので、ワイマックスを始めましたが、通信が不安定で使いにくかったです。

 

 

それが、引越しを機に光回線を始めた結果、接続台数が多くても快適にWi-Fiが使えるようになりました^^

 

 

テレビ、パソコン、スマホ2台、タブレット2台を繋いでいても、動画が遅くなったりしません^^

 

 

Wi-Fi解除の手間も省けましたし、ネットが止まることがなくなったので、ストレスを感じる事なくWi-Fiを使えています^^

 

 

ちなみに、auひかりで開通した場合には、キャッシュバックとして数万円貰えちゃうんです^^

 

 

キャッシュバック額

 

auひかりホーム ネットのみ…45,000円

auひかりホーム ネット+電話…52,000円

※マンションタイプの場合は上記金額から−5,000円されます。

 

 

開通するだけでこの金額が貰えて、自分の好きに使えますので、ちょっとしたお小遣いにもなってお得です^^

 

 

WEBフォームからも問い合わせを受け付けていますので、興味があるならぜひ覗いてみてください^^

 

関連記事

NO IMAGE

インターネットとテレビの接続方法とは?接続方法による速度差とオススメの光回線

デザリングオプションとは?モバイルデータ通信と速度制限に注意!

NO IMAGE

白ロムスマホはauのSIMで使える?スマホを選ぶ際の注意点とは

NO IMAGE

auの光回線終端装置を再起動する方法とは?調子が悪い時にはどうする?

NO IMAGE

IPoE接続対応の光回線が早い!今までのネットと何が違う?

NO IMAGE

インターネットを光ファイバーで接続する仕組みとは?光のメリットとデメリット