光ファイバー回線ってADSLと何が違う?光回線のメリットとは

Pocket

こんにちわ!

WiFiマニアのMIKIです^^

 

 

auひかりとかソフトバンク光とかフレッツ光とか、最近光回線ってよく耳にしますよね。

 

 

光回線とは光ファイバーを利用したインターネット回線ですが、この光ファイバーって馴染みがなくて、一体なんなのかよく分からなくないですか?

 

 

光になったから何が良くなったのか、デメリットはあるのかという点など、色々とお伝えしたいと思います^^

 

 

目次

 

 

1.光ファイバー回線ってなに?

chaitawat / Pixabay

 

 

 

まず光ファイバーとは、ガラスやプラスチックの繊維でできたケーブルのことです。

 

 

文字通り光を通す道だと思ってください。

 

 

インターネット上のデータを光信号に変換し、光信号が光ファイバーを通して自宅に送られてきて、光信号をデータに変換することで、私たちのスマホやパソコンでインターネットが楽しめるようになっています^^

 

 

正確には、光信号を変換するために、光回線終端装置というものを取り付けて、光信号を電気信号に変換しています。

 

 

光ファイバーの中を通る光信号の点滅によって、光信号を受け取ってから電気信号に置き換えるような役割です^^

 

 

光ファイバーは他にもセンサーにも利用されており、光ファイバーセンサー等も登場しています。

 

 

私のイメージでは主に産業用機械に利用されており、アンプを設置して光ファイバーケーブルをアンプに接続し、レーザー光を出してどれだけの光が返ってくるか、というのをアンプで制御しています。

 

 

2.従来のADSLと何が違う?

ijmaki / Pixabay

 

 

従来のインターネット方式であるADSL等は、すでに自宅に配線されている電話線を利用して、インターネットに接続する方式のことです。

 

 

通常ADSLでは電話の音声データを伝送するもので、NTTの加入電話で利用する周波数帯域というものがありますが、電話とインターネットでは周波数が異なっています。

 

 

しかし、電話線のケーブル自体は大体4KHzまで対応できるので、他の用途としてインターネットも接続できるので、併用して利用しているのがADSL等のアナログ回線です。

 

 

アナログ回線は常時接続が可能であり、電話をしながらADSL通信が行えて、現在配線されているアナログ電話の電話回線を利用して始められるので、比較的手軽に始められます。

 

 

しかし、電波を発している基地局から遠くなる程インターネットの接続が弱くなってしまうため、通信速度が下がったり対応エリアが限られるというデメリットがあります。

 

 

3.光回線のメリットとデメリットは?

mohamed_hassan / Pixabay

 

 

 

光ファイバーを使った光回線のメリットとしてあげられるのは、何と言ってもその通信速度です。

 

 

光ファイバーで通信する光回線は、基地局から遠くても通信速度が下がりにくく、高速でデータを転送できるメリットがあります。

 

 

ノイズの影響も受けにくく、データを送る量も多いので、より早く通信することが可能になりました。

 

 

しかし、光ファイバーケーブルはガラスやプラスチックでできており、従来の電話線より少々デリケートになっています。

 

 

光ファイバー内のガラスが割れると、正常に光信号が行き来できなくなるので、通信速度がガクッと下がる場合があります。

 

 

そのため、光回線で使われているのは高品質プラスチックが多く利用されるようになってきています。

 

 

光回線の特徴

 

・光ファイバーで通信するため、通信速度が早い

・ノイズの影響を受けにくい

・1度に送れるデータ量が多いため、高速通信が可能

・データ損失が少ないので基地局から離れていても通信が遅くなりにくい

・ガラスを使っているので電話線に比べてデリケート

 

 

4.光回線を始めるならauひかりがお得!

RobinHiggins / Pixabay

 

 

従来のADSLよりも通信速度が速く、データの損失も少ない光回線は、今までのインターネットよりも快適に使えるよう進化しています。

 

 

ちなみにADSLは自宅に引いてある電話線を利用してインターネットをしていますが、光回線でも固定電話を利用することができるんです^^

 

 

光電話は光ファイバーを利用した電話で、光信号を変換して電話ができるようになっているものです。

 

 

月額使用料が月に大体500円と安く、通話料も距離に関係なく一律3分8円で利用できるので、月々の電話代を安く抑えることも可能です^^

 

 

光回線は大体月額使用料が一戸建てで5,200円前後、マンションは3,800円前後で利用できます。

 

 

光電話を利用する場合には、月500円アップで光電話が利用できるようになります^^

 

 

NTT加入電話にしているのであれば、光電話にすることでかなり月額料金を下げられますので、ぜひ光電話と光回線を一緒に検討してみてください^^

 

 

ちなみにauひかりでは、auひかりに加入するとキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています^^

 

 

auひかりのみでも、auひかり+光電話の契約のみでもキャッシュバックが貰えるので、かなりお得に光回線を始めることができますよ^^

 

 

キャッシュバック額

 

auひかりホーム ネットのみ…45,000円

auひかりホーム ネット+電話…52,000円

※マンションタイプの場合は上記金額から−5,000円されます。

 

 

さらにauユーザーであれば、auひかりと光電話をセット加入することで、auスマートバリューが適用されて、auスマホが1台につき毎月1,000円割引されます!

 

 

auスマホを夫婦2人で利用してるなら、毎月2,000円の割引、家族4人で使えば毎月4,000円の割引になるので、毎月の支払いが安く抑えられるようになります^^

 

 

ぜひこの機会に光回線を検討してみてくださいね^^

 

 

WEBフォームでも気軽に問い合わせができるので、質問等があれば相談してみてください^^

 

関連記事

NO IMAGE

光ファイバーとポケットWiFiならどっちがいい?それぞれのメリットとデメリット

NO IMAGE

auひかり電話は必要?光電話加入のメリット・デメリットとは?

NO IMAGE

auひかりのランプの意味とは?色と点灯・点滅のつながり

NO IMAGE

インターネットを光ファイバーで接続する仕組みとは?光のメリットとデメリット

NO IMAGE

auひかりはSo-netを選ぶべき?プロバイダによってキャッシュバック額が変動!

NO IMAGE

NTTのアナログ回線から光回線に早く乗り換えたほうがいい理由