光回線の分配は出来る?出来ない?2階にもWi-Fiが欲しい時の対応方法

Pocket

こんにちわ!

WiFiマニアのMIKIです^^

 

 

光回線を始める時、Wi-Fiが2階だと弱まるのではないか?弱くなるならどうにかしたい!と感じていませんか?

 

 

元々の光回線を1階と2階に分配できれば、どちらも光回線のWi-Fiを直で受け取る事が出来るので、安定したWi-Fiが使えそうですよね。

 

 

では、光回線の開通工事の時に、1階と2階に分配することは出来るのか、2階でもWi-Fiを安定させるにはどうすれば良いかについて、お伝えしたいと思います。

 

 

 

目次

 

 

1.光回線を1階と2階に分配出来る?

Pexels / Pixabay

 

 

 

光回線を開通する時、通常の工事であれば、外から光回線で使用する光ファイバーケーブルを、自宅の中に引き込む工事を行います。

 

 

大体が、エアコンから室外へ伸びる室外機の穴を利用して、光回線を自宅の中に引き込みます。

 

 

そして、大体が電話線やテレビ線の差込口がある所へ、光ファイバーケーブルも配線されます。

 

 

光ファイバーケーブルが配線できたら、ONU:光回線終端装置へ光ファイバーを取り込んで、Wi-Fiルーターを接続し、スマホ等でWi-Fiの接続を確認をすれば、光回線の工事は終了です。

 

 

ケーブルなどの構築イメージは以下の図のとおりです。

 

 

画像引用:ドコモ光

 

 

この工事は、基本的にリビング等へ配線されるだけなので、2階には配線されません。

 

 

この光回線工事の際に、2階にも光回線を分配できれば、1階でも2階でも快適なインターネットが出来そうですが、1階と2階に分配された例は、調べた限りではありませんでした。

 

 

基本的には光回線を通すのは1箇所なので、1階と2階に光回線を分配する場合、構造によっては不可能で無いかもしれませんが、通常の工事にはない事をするわけですから、工事料金が高くなる可能性もあります。

 

 

ですので、残念ではありますが、光回線自体の分配は難しいと思ってください。

 

 

2.光回線でもWi-Fiなら壁や天井を挟む事で弱くなる

ijmaki / Pixabay

 

 

 

光回線は通信速度が安定したWi-Fiが利用できますが、光回線であっても壁や天井があると、Wi-Fiが壁などに吸収されて、どうしても電波は弱くなってしまいます。

 

 

ですので、1階では快適に使えていたWi-Fiが、2階では遅くなることがあります。

 

 

それが懸念されるから、2階に光回線を分配させたい気持ちもよく分かります。

 

 

ですが、2階で少しでもWi-Fiを快適に利用できる方法があります。

 

 

3.光回線のWi-Fiが2階だけ通信速度が遅くなるのを防ぎたい時はどうする?

Pexels / Pixabay

 

 

 

光回線を開通させて、2階でもWi-Fiを快適に使う方法をご紹介します。

 

 

接続しているWi-Fiの電波を変える

 

 

機器などを買わずにできる方法として、使用するWi-Fi電波を変える方法があります。

 

 

Wi-Fiには周波数が複数あり、2.4GHzと5GHzの2種類が選べる様になっています。

 

 

2.4GHzのWi-Fi電波を使用すれば、壁や天井などの障害物による電波の弱まりにくい特性があります。

 

 

ただし、2.4GHzは電子レンジやBluetoothなど、他の電子機器も出す周波数なので、Wi-Fiの電波に干渉してしまい、通信速度が遅くなる場合もある事を覚えておいてください。

 

 

Wi-Fiの中継器を設置する

 

 

Wi-FiにはWi-Fiの電波を出すメインの”ルーター本体”と、メインのルーターが出すWi-Fiをキャッチして、電波を中継する”中継器”の2つがあります。

 

 

中継器の役割としては、メインのWi-Fiルーターから受け取ったWi-Fiを飛ばす役割があります。

 

 

メインのWi-Fiルーターの親機を、2階に拡張するようなイメージです。

 

 

中継器には主に2種類のタイプがあります。

 

 

まず1つ目は、設定をしてコンセントに直接差せば使用できるタイプです。

 

 

手軽に使えて配線いらずなので、家の中に配線を回したくない場合には、コンセントに挿して使う中継器がオススメです。

 

 

中継器のタイプ2つ目は、Wi-Fiルーターに中継器の機能がついたタイプです。

 

 

Wi-Fiルーターに中継器の機能がついたタイプは、LANケーブルで2階まで配線して、2階に中継機を設置する事で、2階でWi-Fiが利用できます。

 

 

安定感でいえば、有線で接続できる方が、Wi-Fiは安定しますので、検討してください。

 

 

2階でWi-Fiが遅くなる件については、こちらでも詳しく解説しています。

 

Wi-Fiを2階でも繋がりやすくする2つの方法とは?

 

 

4.今光回線に入るとキャッシュバックが貰える

Alexas_Fotos / Pixabay

 

 

 

実は光回線を開通する時、今ならキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施しています。

 

 

私が紹介しているauひかりの代理店では、auひかりの開通で45,000円〜キャッシュバックが貰えます^^

 

 

キャッシュバック額

 

auひかりホーム ネットのみ…45,000円

auひかりホーム ネット+電話…52,000円

※マンションタイプの場合は上記金額から−5,000円されます。

 

 

余計なオプションへの加入なしで、キャッシュバックが貰えますので、光回線を検討中であればぜひ参考にしてください^^

 

 

関連記事

光回線は電話線を流用できる?ADSLとの違いとは

光回線工事が出来ない場合とその対策方法とは?

光回線工事でトラブルが発生することはある?事例や工事内容とは

光回線工事にマンション管理者の許可は必要?許可する事で思わぬメリットも

NO IMAGE

ポケットWi-Fiが遅い原因は機器にある?意外な速度低下の原因はコレだ

光回線の工事費は実質無料キャンペーンがある!その注意点やキャッシュバックとは