光回線は電話線を流用できる?ADSLとの違いとは

Pocket

こんにちわ!

WiFiマニアのMIKIです^^

 

 

ADSLの利用者が減る中で、現在主流となっている光回線に乗り換える場合、ADSLの電話線が流用出来れば、開通の手間がなくて乗り換えが簡単ですよね。

 

 

しかし、残念なことに光回線とADSLには明確な違いがあるため、流用は出来ません。

 

 

そこで今回は、なぜ光回線は電話線を流用できないのか、ADSLとの違いについてお伝えします。

 

 

目次

 

 

1.光回線は電話線を流用できない

geralt / Pixabay

 

 

 

光回線の開通には、電話線の流用は出来ません。

 

 

今までのADSLであれば、電話線を利用してインターネットに接続していましたが、光回線とは光ファイバーケーブルを利用してインターネットに接続する方式です。

 

 

光回線と電話線を使うADSLでは、そもそも使うケーブルが全く別物なので、流用は出来ないので、光回線を開通するなら、光ファイバーケーブルを自宅に引き込む工事が必要になります。

 

 

ちなみに、光ファイバーケーブルの引き込み工事は、エアコンから室外機のところにある穴などから取り込むため、基本的に家の外壁を傷つける事はありません。

 

 

まれに、すでに空いているエアコンの穴などから配線が取り込め無い場合には、外壁に穴を開ける場合もありますが、どう言う工事をするか教えてくれます。

 

 

2.光ファイバーを使った光回線と電話線を使ったADSLの違い

ijmaki / Pixabay

 

 

では、光回線と電話線を使ったADSLとでは、何が違うのかを表にまとめましたので、まずは以下の表をご覧ください。

 

 

光回線 電話線(ADSL)
使用するケーブル 光ファイバーケーブル 電話線
固定電話 光電話

(インターネット回線を応用して電話を利用する)

アナログ電話

(電話線を利用して通話する)

特徴 ・基地局から遠くても通信速度が落ちにくい

・通信制限がない

・契約プランによってはポケットWi-Fiと同じくらいの料金で利用可能

・アナログ電話に比べて固定電話(光電話)料金が安い

・電話先の地域によらず基本的に3分8円で利用できる(国内固定電話向け)

・基地局から遠くなる程通信速度が落ちやすい

・設備の老朽化に加え、ADSLを提供する為の設備が古くなり、部品の製造も終了してきた

・電話線を応用してインターネットを利用する

・固定電話料金は高め

・電話先の地域が遠いほど通話料金が高くなる

 

 

全体的に見て分かる様に、光回線の方が安定したインターネット環境が整えられて、インターネット回線を応用した固定電話の”光電話”も、アナログ電話より料金が全体的に安いです。

 

 

アナログ電話の基本料金は、契約プランにもよりますが、大体が月額1600円〜となっています。

 

 

対して光電話の基本料金は、月額500円という安さ。

 

 

約3分の1の料金で固定電話が使える様になるので、毎月の料金がお得になります。

 

 

さらに、通話料金も光電話の方が安いです。

 

 

NTTの加入電話では、電話の相手先が遠ければ遠いほど、通話料金が高くなっていましたが、光電話なら一律で3分8円で利用できます。

 

 

 

 

あんまり固定電話を使わなくて、でも固定電話無しは困ると思っているなら、光電話に変える事で、毎月の電話料金を安くする事ができます。

 

 

3.ADSLは2023年1月に廃止が決定 光回線は乗り換え時期

 

 

電話線を使った従来のインターネット回線であるADSLは、2023年1月末で廃止されるため、サービスの提供が終了されます。

 

 

2023年1月末以降も契約解約しなければ、ADSLの回線の方はNTTで自動的に解約されますが、プロバイダの方は解約されませんので、解約しなければずっと使えないインターネットにプロバイダ料金を払うことになります。

 

 

そうなる前に、光回線に乗り換えて、インターネットも固定電話も光にしておくのがオススメです。

 

 

ADSL廃止前になってから光回線を開通しようとしても、同じことを考えている人が多くいると思うので、工事日程が合わず、すぐに光回線工事ができない場合もあります。

 

 

ですので、なるべく早めに光回線への乗り換えを検討した方がいいと思います。

 

 

補足ですが、光回線が提供されていないエリアでは、ADSLは使えますので、安心してください。

 

 

4.光回線を始めるならキャッシュバックでお得に始めよう

vjkombajn / Pixabay

 

 

これを機に光回線に乗り換えを検討されているのであれば、お得な情報をお伝えしておきます。

 

 

光回線を開通する場合、今なら開通するだけでキャッシュバックが貰えます。

 

 

オプションプランの加入も必要なく、ただ必要な光回線を開通するだけで、数万円のキャッシュバックが貰えるので、ぜひキャッシュバックがあるうちに開通するのをオススメします。

 

 

すぐにキャッシュバックキャンペーンは終了しませんが、逆に言えばいつ終了するかも分かりません。

 

 

ちなみに今は、私が紹介しているauひかりの代理店なら、auひかりを開通すると45,000円〜のキャッシュバックが受け取れます^^

 

キャッシュバック額

 

auひかりホーム ネットのみ…45,000円

auひかりホーム ネット+電話…52,000円

※マンションタイプの場合は上記金額から−5,000円されます。

 

 

開通だけでこれだけ貰えるのは結構お得なので、ぜひ光回線の開通を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

PS4のネットワーク設定方法を解説!有線接続と無線LANせで速度に違いがある?

NO IMAGE

NTTのアナログ回線から光回線に早く乗り換えたほうがいい理由

NO IMAGE

速度制限はいつ解除される?モバイルデータを節約するには?

光回線工事が出来ない場合とその対策方法とは?

NO IMAGE

光回線の工事内容とは?事前に準備が必要な場合も

ADSLの終了時期はいつ?ADSLを解約しなかったらどうなる?