光回線始めるなら今がお得!

今なら高額キャッシュバックキャンペーン中!

↓↓↓

格安SIMの速度が遅いのはなぜ?大手キャリアとの違いとは

Pocket

こんにちわ!

WiFiマニアのMIKIです^^

 

 

格安SIMは、通信料金が安いイメージもありますが、その反面通信速度が遅いと言った声も聞こえます。

 

 

使っている回線は大手キャリアと同じなのに、なぜ通信速度が遅くなってしまうのか?

 

 

改めて考えてみると知らないって事はありませんか?

 

 

そこで今回は、格安SIMとは何か? 通信速度が遅い原因は? 改善するにはどうしたらいいか?について解説します!

 

 

 

目次

 

 

1.そもそも格安SIMとは

Pexels / Pixabay

 

 

格安SIMは、大手キャリアの回線設備を借りてデータ通信を提供しています。

 

 

auやdocomoなどの大手キャリアは、自社で回線設備を持っているので、その回線設備を維持するための維持費がかかります。

 

 

また、サービス向上や来店での対応が出来るよう、全国各地に店舗を持っているので、その分利用料金が高くなる傾向があります。

 

 

しかし、格安SIMは大手キャリアの回線設備を借りているので、回線設備の維持費がかかりません。

 

 

それに加えて、基本的に店舗を持たずに営業する事が出来るので、店舗の維持費や固定費を払わなくて良くなります。

 

 

考えてみれば、格安SIMの店舗ってあんまり見ないことはないですか?

 

 

auやdocomoなどの大手キャリアに比べると、圧倒的に店舗数が少ないんです。

 

 

格安SIMは基本的に契約をインターネットで完結出来るので、店舗を持つ必要が無いんですね。

 

 

しかし、その反面サービス面は大手キャリアに劣ります。

 

 

実際にスマホを見てもらったり、対面で相談したい場合は、どうしても店舗数の多い大手キャリアの方が便利です。

 

 

格安SIMだと、実店舗を持つキャリアは少ないため、どうしても相談などは電話かチャットだけなので、相談できる方法の数に差があります。

 

 

2.格安SIMの速度が遅い原因

Pexels / Pixabay

 

 

格安SIMは大手キャリアの回線設備を借りていますから、大手キャリアの通信速度よりは劣ります。

 

 

その理由としては、大手キャリアは利用者に対して十分な容量のデータ通信を確保していますが、格安SIMは限られた容量を利用者で分けている為です。

 

 

極端な例をあげると、大手キャリアが100人の利用者に対して、100回線を用意したとします。

 

 

そうすると、1人1回線使えるので、回線が混み合うことなくインターネットに接続できます。

 

 

しかし、格安SIMの場合は、100人の利用者に対して20回線しか用意しなかった場合、1回線あたり5人が使うようになります。

 

 

この場合、1人1回線の大手キャリアより、5人1回線使う格安SIMの方が、回線を使う人数が多いので、通信速度が遅くなります。

 

 

格安SIMは、通勤・通学や夜間など、インターネット利用者が増える時間帯は、限られた回線で多くの人がネットを利用するので、通信速度が遅くなってしまうのです。

 

 

3.格安SIMスマホで通信速度を改善するには?

 

 

 

格安スマホで通信速度を改善するには、別でインターネット回線を用意する事です。

 

 

光回線やコンセントに挿すだけのホームWi-Fi、ポケットWi-Fiなど、格安SIMのデータ通信以外の方法でインターネットに接続すれば、通信速度は改善されます。

 

 

要は、混雑している道ではなく、空いている道を通るようにして、通信速度を上げるという事です。

 

 

格安SIMでは、大手キャリアの回線設備を借りているので、どうしても通勤・通学や夜間など、利用者が増える時間帯は通信速度が落ちがちになります。

 

 

なので、家で光回線を開通してWi-Fiで接続すれば、格安SIMのデータ通信は使わないので、通信速度が改善出来ますし、データ通信量の節約にもなります。

 

 

格安SIMの通信速度改善のためには、Wi-Fi環境を整える必要がありますが、私のお勧めとしては以下の順番です。

 

 

光回線>置き型ホームWi-Fi>ポケットWi-Fi

 

 

やはり、家までケーブルを通してインターネットに接続する光回線が、他のWi-Fi環境に比べて安定します。

 

 

4.格安SIMを快適に使うのにオススメの光回線の選び方

 

 

光回線は、地域にもよりますが、だいたいどの会社も高速通信が出来ます。

 

 

おすすめとしてはやはりauひかりやドコモ光などの大手キャリアが、ブランド力もありますしサポート体制もあるのでオススメです。

 

 

ただ、もし格安SIMと光回線のセット割を使うのを優先したいのであれば、※プロバイダが打ち出している格安SIM+光回線の契約がお得です。

 

 

※プロバイダ・・・自宅のWi-Fiから光回線などを通してインターネットへの接続をするサービスを提供する。

 

 

BIGLOBEやSo-net、DTIなどのプロバイダからは、格安SIM光回線のプランも提供されているので、光回線+格安SIMよセットでお安く使うことも出来ます。

 

 

私としては、実際にauひかりを開通していて、マンション100Mbpsのプランに加入していますが、ほとんど問題なく使えています。

 

 

たまにネットが切れる事もありますが、数分で復旧するので、それはどこの光回線でも同じだと思います。

 

 

いかに日常的に快適に使えるかが問題だと思いますので、格安SIMの通信速度でなやんでいるのであれば、auひかりも検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

格安SIMとは?乗り換えたら安くなる場合とそのデメリット

格安SIMのデータ通信でLINEや通話は出来る?大手キャリアの差はコレだ!

格安SIMで速度制限をかからないSIMはない?動画視聴でデータ量が足りない時の対...

格安SIMでSMSは使えない?SMS付きSIMのメリットとは