賃貸物件の光ファイバー対応とは?完備との言葉の違いに注目!

Pocket

こんにちわ!

WiFiマニアのMIKIです^^

 

 

賃貸物件の情報を集めていると、情報の中に“光ファイバー対応“という言葉を見たことはありませんか?

 

 

光ファイバーとか光回線に聞き馴染みがないと、光ファイバーが何か、光ファイバーに対応してたら何かあるのか?イマイチピンと来ませんよね。

 

 

そこで今回は、そもそも光ファイバーとは何か、光ファイバー対応の賃貸に住むメリット等をお伝えします!

 

 

目次

 

 

1.そもそも光回線と光ファイバーとは

chaitawat / Pixabay

 

 

光回線と光ファイバーは、大まかに言うとインターネットに接続するためのものです。

 

 

インターネットに接続する際、光回線では光の点滅信号を送受信をすることで、データ(信号)のやり取りを行っています。

 

 

データのやり取りをするためには、データを送受信するための通り道が必要となります。その通り道となるのが“光ファイバー”です。

 

 

光ファイバーは特殊なプラスチックやガラス等で出来ており、その中を光の点滅信号が通ることで、インターネットにデータを送ったり、受け取ったりしています。

 

 

光回線とは、その光ファイバーケーブルで出来た回線の事です。

 

 

主にフレッツ光やauひかり、ドコモ光やソフトバンク光が光回線を提供しています。

 

 

2.賃貸物件の光ファイバー対応とは

jarmoluk / Pixabay

 

 

 

光回線を開通する際には、この光ファイバーケーブルを各戸まで配線する必要があります。

 

 

賃貸の光ファイバー対応とは、その建物に光ファイバーケーブルが配線してある状態です。

 

 

賃貸の一軒家の場合で、光ファイバー対応という表記があれば、光ファイバーの配線工事が既に完了しているものと思われます。

 

 

賃貸のアパートやマンションの場合で、光ファイバー対応という表記があれば、各階の共用部分まで光ファイバーの配線工事が完了している状態です。

 

 

一軒家では家の近くを通っている光ファイバーケーブルを取り込むだけですが、アパートやマンションなどの集合住宅の場合、外部から取り込んだ光ファイバーケーブルを、各部屋まで分岐する必要があります。

 

 

基本的には光ファイバー対応物件の場合、外部からの光ファイバーケーブルを各階まで配線工事をしています。

 

 

もし光回線を開通する場合には、光回線に申し込んでから来る光回線の工事業者が、マンションの共用部分から住んでいる部屋まで配線作業を行います。

 

 

プチ情報

 

なお、新築の賃貸物件でなければ、前の入居者が光回線の開通工事を行なっていて、既に部屋まで配線が完了している場合があります。

 

その時には、光回線工事業者さんが通信確認を行うだけなので、比較的速く工事が完了します。

 

 

3.マンションなどの集合住宅は光ファイバー対応か完備でないと使えない

xegxef / Pixabay

 

 

賃貸でも持ち家でも、アパートやマンションなどの集合住宅では、光ファイバー対応 又は 光回線開通対応 などの物件でなければ、光回線の利用は難しくなります。

 

 

先ほど少し触れましたが、集合住宅では外部からの光ファイバーケーブルを取り込み、そこから枝分かれのように分岐して各戸に分配されます。

 

 

ですので、もし光回線を始めようにも、住んでいるアパートやマンションが光ファイバーに対応していなければ、外部から直接自分の部屋まで取り込むような事は出来ないのです。

 

 

この場合個人で出来る工事の範囲を超えているので、管理会社や大家さんに相談してみましょう。

 

 

4.賃貸物件で光回線を始めるなら

blickpixel / Pixabay

 

 

最後に、賃貸物件で光回線を始めるなら、まずは管理会社や大家さんに許可を貰いましょう。

 

 

管理会社や大谷さんに許可が貰う時に一緒に聞いておきたいのが、前の入居者の方の光回線開通状況です。

 

 

大体は既に光回線の配線工事を行っていると、退去する時にわざわざ配線を撤去する工事はしていない事があります。

 

 

こういった情報は大家さんが知っているので、光回線開通時に許可をもらう時に一緒に確認するのがオススメです。

 

 

既に光回線の配線工事が終わっていれば、自分が実際に光回線を開通する時は、通信確認を行う程度で30分ほどで工事が完了します。

 

 

また、光回線を開通するのであれば、ネットで代理店を探して契約するのがオススメです。

 

 

auひかりやソフトバンク光など、近所にキャリアのショップがあると、そちらで光回線も契約しがちですが、街のショップで契約するよりもネットの代理店で加入した方が、加入時のキャッシュバックが多いです。

 

 

実際、私が光回線を開通した時には、街のショップで話を聞いた時は、現金1万2千円+auウォレット1万2千円でしたが、ネットの代理店で加入すると、その倍の金額のキャッシュバックを受け取ることできました^^

 

 

キャリアのショップで加入すると、そこで話を聞くまでキャッシュバックの金額はいくらか分かりませんし、店員さんと顔を合わせてる分、何となく断りづらいと感じませんか?

 

 

ネットの代理店であれば、代理店のサイトを直接見て、加入しようか自由に気兼ねなく決められるのでオススメです^^

 

 

各キャリアのオススメの代理店を紹介しますので、参考にしてください^^

 

 

関連記事

NO IMAGE

auひかりでプロバイダの乗り換えは出来る?出来ない?

NO IMAGE

賃貸物件で光回線を勝手にひくのはアウト?大家さんに事前確認は必要?

賃貸で光回線は開通できる?戸建と違う賃貸物件の光回線事情

NO IMAGE

インターネットを光ファイバーで接続する仕組みとは?光のメリットとデメリット

ADSLがついに廃止!今後のインターネットは光回線へ移行時期に突入

NO IMAGE

テレビにLANケーブルは繋がる?大画面で動画を見る方法とは