光回線始めるなら今がお得!

今なら高額キャッシュバックキャンペーン中!

↓↓↓

【衝撃】ぷらら光に縛りはある?違約金が必要なケースとは

Pocket

 

 

 

スマホとかインターネットの契約って、大体が2年または3年の自動更新の縛りがあって、気軽に乗り換えにくいっていうデメリットがありますよね。

 

 

ぷらら光を始めようか考えてるけど、

 

 

ぷらら光でも縛りはあるのか?

 

もし解約することになったら違約金がいるのか?

 

 

お金の事もありますし、心配になりますよね。

 

 

そこで今回は、ぷらら光の縛りがあるのか無いのか、違約金がいる事があるのかを調べてみました!

 

 

目次

 

 

1.ぷらら光は契約期間の縛りなしで使える

 

RobinHiggins / Pixabay

 

 

 

ぷらら光の契約について調べたところ、契約期間の縛りなしで契約できるようになっていました。

 

 

ぷらら光の料金プランは2つしかなく、

 

一軒家 マンション
月額4,800円(税込5,280円) 月額3,600円(税込3,960円)

 

 

ぷらら光の料金プランはシンプルに↑の2つのみで、他社の光回線に比べると200円〜400円くらい安いように思います。

 

 

また、ぷらら光は回線料金とプロバイダ料金がセットで↑の月額料金なので、回線料金とプロバイダ料金を別々で払うよりも割安で使えます。

 

 

2年契約の縛りがないので、”やっぱり他の光回線に変えよう”と思った時でも、気軽に乗り換えられるのがぷらら光のメリットですね。

 

 

2.ぷらら光を開通する時の条件によっては解約する時に違約金が必要

 

 

 

契約期間の縛りがないぷらら光ですが、開通する時の条件によっては解約する時に違約金がかかる場合があります。

 

 

というのも、ぷらら光は2年の自動更新契約はありませんが、開通する時にキャッシュバックがもらえるキャンペーンをやっています。

 

 

そのキャンペーンを利用した場合、2年または3年以内に解約した場合は、キャッシュバック分を請求するという注意書きがあるんです。

 

 

ぷらら光を新規申し込みした場合のキャッシュバックの注意書き(一部)

 

  • ぷらら光の開通から3年以内に解約された場合、違約金としてキャッシュバック金額の一部(35,000円)を請求させていただきます。

引用元:ぷらら光公式

 

 

他の光回線からぷらら光に乗り換えた時のキャッシュバックの注意書き(一部)

 

  • ぷらら光の開通から2年以内に解約された場合、違約金としてキャッシュバック金額の一部(10,000円)を請求させていただきます。

引用元:ぷらら光公式

 

 

 

このように、キャッシュバックを受けてから2年または3年で解約すると、違約金としてキャッシュバックの一部を請求されます。

 

 

また、ぷらら光のキャッシュバックは10ヶ月継続して利用して、初めてキャッシュバックの条件が満たされます。

 

 

ぷらら光を契約してから10ヶ月が経過すると、ぷらら光からキャッシュバックについてのメールが来て、口座情報を回答してからのキャッシュバックなので、その頃には忘れてるなんて事もあります。

 

 

ぷらら光は契約期間の縛りこそ無いですが、思わぬところで↑のような違約金がかかる事があるので、契約する際には注意が必要です。

 

 

3.実は月額料金以外にもかかる?ぷらら光を契約する上での要注意ポイント

 

3dman_eu / Pixabay

 

 

 

ぷらら光では2年の契約縛りはなく、他社の光回線よりも割安で使えてお得ですが、なんとネットの月額料金だけでは利用できない場合があるのです。

 

 

というのも、ぷらら光では他の光回線でよくある”開通工事費無料”というサービスが無いんです。

 

 

開通工事費とは何かというと、まず光回線は光ファイバーケーブルという配線を使って、インターネットに接続しています。

 

 

光回線を始める時には、この光ファイバーケーブルを自宅に配線する工事が必要です。

 

 

この工事を光回線の”開通工事”と言いますが、この工事費が高いんです。

 

 

NTT東日本エリア

新規開通の場合

ホームタイプ(一軒家)

屋内に新設配線が必要な場合:19,800円

屋内まで配線済みの場合は8,360円

工事担当者が自宅まで行かない場合は2,200円

マンションタイプ

屋内に新設配線が必要な場合:16,500円

屋内まで配線済みの場合は8,360円

工事担当者が自宅まで行かない場合は2,200円

NTT東日本エリア

移転開通の場合

ホームタイプ(一軒家)

屋内に新設配線が必要な場合:9,900円

屋内まで配線済みの場合:7,150円

工事担当者が自宅まで行かない場合:2,200円

マンションタイプ

屋内に新設配線が必要な場合:8,250円

屋内まで配線済みの場合は7,150円

工事担当者が自宅まで行かない場合は2,200円

NTT西日本エリア

新規開通の場合

ホームタイプ(一軒家)

光コンセントがある場合:8,360円

光コンセントが無い場合:19,800円

工事担当者が自宅まで行かない場合:2,200円

マンションタイプ

LAN方式の場合:8,360円

LAN方式以外の場合:16,500円

工事担当者が自宅まで行かない場合:2,200円

NTT西日本エリア

移転開通の場合

ホームタイプ(一軒家)

光コンセントがある場合:7,150円

光コンセントが無い場合:9,900円

工事担当者が自宅まで行かない場合:2,200円

マンションタイプ

LAN方式の場合:7,150円

LAN方式以外の場合:8,250円

工事担当者が自宅まで行かない場合:2,200円

 

 

このように、光回線の開通状態によって工事費が異なっていて、一番高くて約20,000円の開通工事費を請求される事があります。

 

 

これを一括払いか分割払いする必要があり、分割払いにした場合は30回に分割して、毎月開通工事費を支払うことになります。

 

 

また、ぷらら光の開通工事が土日または祝日になった場合、土日祝日割増料金として3,300円が追加でかかります。

 

 

さらに、ぷらら光を解約する時に工事費を支払い終えていないと、払っていない分の工事費が一括で請求されます。

 

 

例えば、ぷらら光の開通工事費の分割払いを、全部で30回のうち10回しか払わずに解約する場合、払っていない残りの20回分の工事費を一括で請求される、という事です。

 

 

なので、思っていたよりも月額料金が高い!となってしまうケースがあります。

 

 

他の光回線でも開通工事費はかかりますが、大体が開通工事費無料キャンペーンで、分割払いの工事費分を、毎月の利用料金から割引してくれます。

 

 

なので、実質開通工事費0円で光回線が始められるんです。

 

 

ぷらら光は契約の縛りがなくて、他の光回線よりも割安でネットが使える分、こうした費用の割引がないのかもしれません。

 

 

4.ぷらら光か他の光回線にするかは工事費をどうするかがポイント

 

 

 

 

このように、ぷらら光には大きく2つの注意点があります。

 

 

  • キャッシュバックキャンペーンを受けたら一定期間内はキャッシュバックの一部を請求される

 

  • 開通工事費は利用者持ち

 

 

ぷらら光は契約期間の縛りがないのは嬉しいですが、キャッシュバックを受けたら解約するときに請求され、さらには工事費も自己負担です。

 

 

他社の光回線も、開通工事費分は実質無料してくれますが、解約する時に工事費が残っていれば払うよう注意書きがしてあります。

 

 

しかし、毎月割引してくれた分は一括支払いの対象外となります。

 

 

先程の例で言うと、全部で30回払いの工事費で、10回まで毎月工事費を割引してもらったとします。

 

 

10回分は工事費を支払ったと見なされて、残り20回分のみ支払えばいいのです。

 

 

つまり、10回分の工事費は支払わなくていいと言う事なんです。

 

 

開通工事費は払ってしまえば終わりですが、1万円〜2万円する工事費を、何のためらいもなく払うって中々出来ないです。

 

 

また、ぷらら光は夜だとネットの速度が落ちたり、ネットが不安定という口コミも見受けられます。

 

 

なので、私のオススメとしては、特に引っ越しの予定もなければ、他の光回線をオススメします。

 

 

特に、au・docomo・SoftBankと言ったスマホキャリアの光回線は、日本全国がサービス提供エリアで、開通工事費が無料になるキャンペーンもやっています。

 

 

また、大手の光回線でもあるので、ネットの速度も安定していて、特に問題なくインターネットが使えます。

 

 

auひかり・ドコモ光・SoftBank光にはそれぞれ特徴があって、

 

 

 

auひかり

 



  • 月額料金は回線とプロバイダ代がセット料金なので、別々で契約するよりお得

 

  • 集合住宅(マンションなど)なら月額料金が税込4180円〜、一軒家の場合は1ギガプランで税込6160円〜で使える

 

  • auひかりだけ開通でも45,000円のキャッシュバックキャンペーンがある

 

  • auひかりと光電話の開通なら、さらに7,000円のキャッシュバックが上乗せされるキャンペーンがある

 

  • 光回線の初期費用(工事費含む)相当を割引してくれるキャンペーンがある

 

 

キャッシュバックで選ぶならここ! 【auひかり】を詳しく見る>>

 

 

 

 

 

 

ドコモ

 



 

  • ドコモ光のみの開通で15,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中

 

  • 光回線を開通するまでの間でポケットWi-Fiを無料でレンタルしてくれる

 

  • ドコモ光の工事費が無料になるキャンペーンで負担なく始められる

 

  • BIGLOBE・@nifty・ぷららのいずれかのプロバイダを選ぶと、光回線で使えるWi-Fiルーターを無料で貸し出してくれる

 

  • 通信速度1ギガのプランで、2年の定期契約でマンションなら月額料金が4400円〜、一軒家なら5720円〜で使える

 

  • プロバイダと回線代がセット料金なので、別々で契約するよりも安い

 

 

Wi-Fiルーターが無料で借りられる! 【ドコモ光】をもっと詳しく見る>>

 

 

 

 

 

 

SoftBank

 



 

  • 回線料金とプロバイダ料金がセットになっている

 

  • 月額料金は一軒家で税込5720円〜、マンションなら4,180円〜光回線が使える

 

  • 光回線の回線工事費が無料になるキャンペーンを実施中

 

  • SoftBank光が開通するまでの間、SoftBank AirかポケットWi-Fiを無料で貸し出しするサービスがある

 

  • 新規申し込みで36,000円のキャッシュバックキャンペーンや、31,000円キャッシュバック+高速Wi-Fiルーターがもらえるキャンペーンがある

 

 

開通までの間もWi-Fiが使える! 【SoftBank光】をもっと詳しく見る>>

 

 

 

開通する時のサービスやキャッシュバック、開通するまでの間Wi-Fiルーターを無料で貸してくれるなど、光回線の代理店によってサービスも様々です。

 

 

ぷらら光の開通がいいのか悩む、他の光回線にしたいと言うときに、ぜひ↑の特徴を参考にしてくださいね^^
 

関連記事

ぷらら光の速度が遅い!そんな時にできる対処方法と本当に使える光回線はどこ?

【何で?】ぷらら光が繋がらなくなった!その原因とすぐ出来る対処方法とは?

【必見!】ぷらら光は違約金が無いとは限らない!解約する時にかかるお金とは?

ぷらら光が遅いのはなぜ?夜に遅くなる原因とは?

ぷらら光で障害?急にネットが止まった時の原因を調べる方法とは

ぷらら光の評判は真っ二つ!?口コミから見えるメリットとデメリット