Wi-Fiを家庭用で使うためには光回線とホームWi-Fiどちらがオススメ?

Pocket

こんにちわ!

WiFiマニアのMIKIです^^

 

 

家庭用にWi-Fi環境を整える場合、主に光回線を開通させるか、置き型のホームWi-Fiを設置する、どちらかの方法があります。

 

 

Wi-Fiを家庭用で使う場合、わざわざ工事が必要な光回線にするか、ポンと置くだけで済むホームWi-Fiにするか悩みますよね。

 

 

そこで今回は、Wi-Fiを家庭用で利用する場合の光回線・ホームWi-Fiのメリットとデメリット、利用環境別のオススメを紹介します^^

 

 

目次

 

 

1.Wi-Fiを家庭用で利用する2通りの方法

geralt / Pixabay

 

 

 

家庭用のWi-Fi環境を整える場合、光回線を開通するか、ホームWi-Fiを設置するかのどちらかです。

 

 

もちろん、モバイルWi-Fiもありますが、家庭用でガンガン使うには少々弱いです。

 

 

そのため、このページでは家庭用Wi-Fi環境を整えるとして、光回線とホームWi-Fiの2通りのWi-Fiを紹介します。

 

 

家庭用Wi-Fi①光回線

 

 

まずは家庭で使えるWi-Fiとして、光回線を紹介します。

 

 

光回線とは光ファイバーケーブルを自宅の中に引き込む工事を行い、その光ファイバーケーブルを通してインターネットに接続します。

 

 

画像引用:auひかり

 

 

上記の図のように、電線と一緒に近くを通っている光ファイバーケーブルを、自宅の中へ引き込みをします。

 

 

基本的には画像の通り、エアコンダクトなどの穴が開いているところからケーブルを取り込みますので、外壁に新たに穴を開ける場合は少ないです。

 

 

どうしても穴あけしないといけない場合は、工事の際にそれを説明してくれますので、安心してください。

 

 

自宅の中に引き込まれた光ファイバーケーブルは、ONUと呼ばれる光回線終端装置に接続され、ONUからWi-Fiルーターに接続する事で、家庭用Wi-Fiを利用する事ができます。

 

 

家庭用Wi-Fi②ホームWi-Fi

 

 

家庭用ホームWi-Fiは、基本的にWi-Fiルーターのコンセントを挿すだけで、基地局からの電波を拾って家庭にWi-Fiを飛ばします。

 

 

コンセントに挿すだけで使える為、光回線のような工事は不要です。

 

 

手軽に即日Wi-Fiが開通できるのが特徴です。

 

 

2.光回線とホームWi-Fiのメリットとデメリット

mohamed_hassan / Pixabay

 

 

家庭用Wi-Fiを選ぶ場合、光回線とホームWi-Fiのメリットとデメリットを紹介します。

 

 

光回線 ホームWi-Fi

メリット

 

・インターネットの通信状態が安定する

・基地局から自宅までの間のインターネットのデータ損失量が少ない為通信速度が落ちにくい

・有線で接続すればより通信が安定する

・接続台数がホームWi-Fiに比べて多い

・有線で繋ぐ事でより早くインターネットの接続が安定する

・ひかり電話が使えるので固定電話代金が安くなる

・通信制限がない

・BSがなくてもケーブルテレビが見れる(申込必要な場合あり)

 

メリット

 

・開通工事が不要

・引っ越し先でもすぐ使える。

(引っ越し手続きだけは必要)

・光回線に比べて料金が安い

・Wi-Fiルーターの部屋移動が簡単

 

デメリット

・光回線の開通工事が必要

 (ただし光回線完備マンションなら工事員無派遣で開通できる)

・引っ越しする場合は転居先でまた光回線の開通が必要

・自宅以外では使用できない

 

デメリット

・光回線に比べて機器の接続可能台数が少ない

(接続できても遅くなる)

・簡単な設定でスマホなどと接続できる

・通信制限がある

・Wi-Fi(無線LAN)なので有線接続で通信を安定させることはできない

 

 

3.光回線とホームWi-Fiはどちらがオススメ?

ijmaki / Pixabay

 

 

家庭用Wi-Fiの2つのうち、安定性のある光回線と、汎用性が高いホームWi-Fi、どちらにしようか悩んでいる場合は、自分の利用環境や使い方によって決めてみてはいかがでしょうか。

 

 

目安として、光回線・ホームWi-Fiがオススメな利用環境を紹介します。

 

 

光回線がオススメな利用環境

 

・家族が2人以上いる家庭、またはWi-Fiに接続する機器の台数が多い

・動画やオンラインゲームをよく見る・やる

・ソフトウェアや何かの資料をダウンロードする事がある

・安定してインターネットを楽しみたいと思っている

 

 

動画を見たりオンラインゲームをするなど、通信量が多い場合は光回線がオススメです。

 

 

ホームWi-Fiで複数台接続して、それぞれが動画やオンラインゲームをやってしまうと、Wi-Fiの電波が分散されて通信状態が悪くなります。

 

 

接続台数が増えるほど、電波が分散して通信速度が落ちますので、快適なインターネットを楽しみたいなら光回線がオススメです。

 

 

ホームWi-Fiがオススメな利用環境

 

・家族が少ない家庭、またはWi-Fiに接続する機器の台数が少ない

・通信速度が少々遅くても気にしない

・安定性や速度よりも値段重視

・引っ越しが多い

 

 

ホームWi-Fiがオススメな利用環境の方としては、接続台数があまり無いか、通信が遅くても安ければ特に気にしない方にオススメです。

 

 

ダウンロードに時間がかかることもありますが、”ならダウンロードしてる間に他のことしよ〜”と気にしない方にはぴったりです。

 

 

また、仕事柄引っ越しが多い方は、いちいち光回線なんて引いていられませんから、コンセントの抜き差しだけで開通できるホームWi-Fiの方がオススメです。

 

 

4.まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

光回線もホームWi-Fiも、それぞれメリットとデメリットがありますが、最終的にはあなたの利用環境に合わせて開通するのが一番です。

 

 

光回線の開通やホームWi-Fiを開通する場合、どちらも開通時のキャッシュバックが用意されていますので、もし開通する場合はぜひキャッシュバックを受け取ってください^^

 

 

私がオススメしている光回線とホームWi-Fiの代理店では、それぞれ数万円のキャッシュバックを用意しています。

 

 

光回線キャッシュバック額(auひかり)

 

auひかりホーム ネットのみ…45,000円

auひかりホーム ネット+電話…52,000円

※マンションタイプの場合は上記金額から−5,000円されます。

 

詳しくは代理店サイトをご確認ください

 

 

 

ホームWi-Fiキャッシュバック額(ソフトバンクエアー )

 

当サイトが紹介しているサイトからのWEB申込で、

現金30,000円のキャッシュバック

 

詳しくは代理店サイトをご確認ください

 

 

 

 

関連記事

光回線と電話回線は何が違う?ADSLと光回線の違いとは

auひかり電話料金は毎月いくら?auひかり開通時に一緒に契約するべき?

auスマートバリューの解約方法 ー ネット回線を解約すれば自動的に解約される?

自宅のWi-Fiが通信制限にかかった?急にネットが遅くなる原因とは

auスマートバリューとは?適用条件や毎月の割引額を解説!

 Wi-Fiの有線と無線の違いとメリット・デメリットとは?機器に合わせて使い分け...